米株式週報 ダウ平均株価は6週ぶり下落 連続爆破テロの影響

14~18日のニューヨーク株式市場、ダウ平均株価(30種)は前週終値1万7602.30ドルから86.57ドル安の1万7515.73ドルと、22日に起きたベルギー連続爆破テロの影響などにより2月中旬から続いていた週間ごとの上昇傾向も6週間ぶりに下落での着地となった。

週明け21日は平静だったが、22日はベルギー首都ブリュッセルで発生した連続爆破テロにより欧州株式市場は下落。米国でも航空会社や旅行関連会社株の売りが目立ち、前日比41ドル以上安い、8営業日ぶりの下落となった。翌23日もその傾向が続き79ドル安となり2日連続で下落した。

24日は下落の流れは止まったものの、翌25日が祝日のイースターで市場が休みとなるため目立った動きがなく13ドル以上高い1万7515.73ドルで取引を終えた。

 
(写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧