ハウステンボス「ロボット実証実験場」に ロボメーカー公募も

ハウステンボスは3月31日、PwCコンサルティングとDMM.comと共同でハウステンボス内でのスマートロボットの実証実験を開始すると発表した。

実験に使用するロボットはロボットメーカー等に向けて公募し、エンターテインメント、接客、移動サポートなどのロボットを来場者のニーズに合わせて配置する。同社はハウステンボスを「実証実験の場」と見立て、市場投入前の新作ロボットと触れ合える機会を提供するとしている。

実証実験の結果をPwCがまとめてロボットメーカーへフィードバックし、機能改善や事業化検討をサポートする。市場導入が決まったロボットについてはDMM.comが自社のロボティクス部門のノウハウと販路を活用して量産および販売を支援する。

また、3社で今年7月に開設する「ロボットの王国」の展示運営も行っていく予定。

 
(写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧