AIによる写真解説サービス開始 フェイスブック

SNS大手の米フェイスブックは現地時間4日、視覚障がい者向けに、フェイスブック上に投稿された写真の内容を人工知能(AI)で解析し、自動解説するサービスを開始したと発表した。

世界には3900万人の全盲者、2億4600万人の弱視者がおり、彼らが同サービスを快適に利用できるよう開発した。米アップルのアイフォン(iPhone)やアイパッド(iPad)端末の画面読み上げ機能利用者がフェイスブック上の写真をなぞると、写真の簡単な内容を音声で説明する。まずは英語のみの対応で、他の言語にも展開していく予定。

フェイスブックが提供するインスタグラムやメッセンジャー、ワッツアップを含むサービスでは1日あたり20億枚の写真が共有されており、視覚障がい者にとっては嬉しい機能となる。

 
(写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧