産総研とNEC、人工知能活用を目指し連携

NECと産業技術総合研究所は 5日、産総研人工知能研究センター内に「産総研-NEC 人工知能連携研究室」を6月1日から設立すると発表した。

近年、モノをインターネットでつなぐIoT機器から発生するデータが飛躍的に増大し、ビッグデータ分析に基づく予測や制御、人工知能(AI)の社会での活用が実現しつつある一方、ビッグデータ分析に必要な「過去データ」を集めることが難しく、AIを十分に活用できていなかった。同研究室では、「シミュレーションと機械学習技術の融合」、「シミュレーションと自動推論技術の融合」、「自律型人工知能間の挙動の調整」といった3つの技術の研究開発を行う。

十分なデータの蓄積がない課題について、シミュレーションによって対応できるようにしたり、AI間の挙動を自律的に調整してAI同士の衝突を回避したりするなど、「未知の状況での意思決定の実現」を目指すとしている。

 
(写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧