• HOME
  • 社会・経済
  • 3月転職求人倍率 希望者数・求人数、16カ月連続で最高値更新

3月転職求人倍率 希望者数・求人数、16カ月連続で最高値更新

インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は11日、3月の転職求人倍率をまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」を発表した。2016年3月の転職求人倍率は前月横ばいの1.10倍、求人数は前月比2.2%増、前年同月比42.0%増となり、2008年1月の調査開始から16カ月連続で最高値を更新した。

業種別では、全9業種のうち、「IT/通信/インターネット」「メディカル」「メーカー」「商社/流通」「小売/外食」「サービス」の6業種で求人数が増加。中でも特に伸びたのは、「メディカル」(前月比9.1%増)、「商社/流通」(同3.9%増)となった。一方、減少した2業種は「メディア」(同0.5%減)、「金融」(同2.9%減)だった。

職種別では、「技術系(化学/食品)」を除く10職種で求人数が増加。特に「専門職」(前月比7.1%増)、「技術系(メディカル)」(同7.0%増)が増えた。

また、転職希望者数は前月比1.9%増、前年同月比60.5%増となり、こちらも7カ月連続で最高値を更新した。

同社は、転職活動の長期化が転職希望者数の増加の要因とし、今年度は4月以降も採用活動を行っている企業が多いため、続けて求人数は増えると見込んでいる。

※転職求人倍率は、ホワイトカラー層を中心とした転職マーケットにおける需給バランスを表すもので、「DODA(デューダ)」登録者(転職希望者)1人に対して、中途採用の求人が何件あるかを算出した数値。<算出式:転職求人倍率=求人数(採用予定人員)÷転職希望者数>

 
(写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧