• HOME
  • 国際
  • 岸田外相、中国・東南アジア4カ国を歴訪 各国との関係構築急ぐ

岸田外相、中国・東南アジア4カ国を歴訪 各国との関係構築急ぐ

4月29日から5月6日まで、岸田文雄外務大臣は、中国、タイ、ミャンマー、ラオス及びベトナムを訪問した。中国の南シナ海への接近を警戒し、政権や指導部の顔ぶれが代わった東南アジアの各国を訪問することで、各国との関係構築を急ぐ構えだ。

4月29日から5月1日まで中国・北京を訪問し、30日には李克強(リー・クーチアン)首相や王毅(ワン・イー)外交部長らと会見した。約4年半ぶりの日本国外相による二国間訪問では、更なる関係改善に向けて双方で努力することの重要性などを再確認したが、南シナ海や東シナ海の問題は進展なく意見交換にとどまった。

1日にはタイを訪問し、プラユット・ジャンオーチャー首相へ表敬訪問を行い、ドーン・ポラマットウィナイ外務大臣と外相会談を行った。日タイ間は来年で修好130周年を迎える緊密な関係で、一層の関係強化が図られた。岸田外相は、日系企業の投資環境の整備を要請した。

3日はミャンマーを訪問し、アウン・サン・スー・チー国家最高顧問兼外相と会談、さらにティン・チョウ大統領を表敬した。投資環境の整備のための枠組み「日本ミャンマー共同イニシアティブ」の推進や、ASEAN関連会議に向けた協力について意見交換が行われた。

5日にはラオスを訪問し、トンルン首相へ表敬を行い、サルムサイ・コンマシット外務大臣と外相会談を行った。ラオスは東南アジア諸国連合(ASEAN)の議長国であることから、岸田外相は、今月26~27日の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の拡大会合での積極的かつ率直な発言を求めた。また、両国の戦略的パートナーシップの更なる発展に努めることも確認した。

6日はベトナムを訪問し、チャン・ダイ・クアン国家主席とグエン・スアン・フック首相を表敬訪問した。南シナ海や北朝鮮をめぐる問題をはじめ、広範な戦略的パートナーシップの下、あらゆる分野での協力を強化していくことなどについて話し合われた。

(冒頭写真:日中外相会談の様子)

岸田外相、中国・東南アジア4カ国を歴訪 各国との関係構築急ぐ
ソムキット・タイ副首相表敬

岸田外相、中国・東南アジア4カ国を歴訪 各国との関係構築急ぐ
アウン・サン・スー・チー・ミャンマー国家最高顧問兼外相との会談

岸田外相、中国・東南アジア4カ国を歴訪 各国との関係構築急ぐ
日・ラオス外相共同記者発表

岸田外相、中国・東南アジア4カ国を歴訪 各国との関係構築急ぐ
クアン・ベトナム国家主席表敬

[画像出典:外務省ホームページ]

Facebook Like!

関連記事一覧