安倍首相、「超スマート社会」に向け人工知能の利活用を強化

13日、政府が「第19回総合科学技術・イノベーション会議」を開催した。同会議で、安倍首相は情報社会の次に来るとされる超スマート社会「ソサイエティ5.0」を実現するためにカギとなる人工知能の利活用を、産学官で連携して取り組んでいくと伝えた。

これは内閣府が主導する「科学技術イノベーション総合戦略2016」の一環。ソサイエティ5.0とは、「サイバー空間とフィジカル空間(現実社会)を高度に融合させて、国内外の経済・社会的課題を解決し、人々が快適で活力に満ちた人間中心の社会を目指すこと」と政府は定義している。

これを実現するために、三次元地図情報をはじめとする多様なデータの利活用を促進し、人工知能(AI)等による新しい価値創出が必要となる。基盤となるAI研究開発や、ロボット技術の研究開発の推進を強化していく。

安倍首相、「超スマート社会」に向け人工知能の利活用を強化
画像提供:首相官邸ホームページ

(冒頭の写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧