4月の訪日外国人、過去最高208万人 3月に続き記録更新

2016年4月の訪日外客数(推計値)は前年同月比18.0%増加の208万2000人となり、2カ月連続で200万人を超え、過去最高を記録した。日本政府観光局(JNTO)が18日に発表した。

桜シーズンによる旅行需要の高まりと継続的な訪日旅行プロモーション、航空路線の拡大、クルーズ船の寄港増加が旅行者数の増加に繋がったという。また、訪日者の多い20カ国・地域中、台湾、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド、フランスが単月として過去最高を記録したほか、ロシアを除く19の国と地域で4月として過去最高を記録した。

4月14日以降に発生した熊本地震により、特にアジア地域からの九州方面のツアーがキャンセルされ、訪日者数は伸び悩んだ。それでも、東アジア地域では韓国が前年同月16.1%増の35万4000人、中国が26.9%増の51万5000人、東南アジアではインドネシアが33.5%増の3万1000人と、多くの旅行客が日本を訪れた。

 
(写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧