西友、ネットスーパー対応の新型実店舗をスタート

西友は7日、加速するネットスーパー需要に対応した新型実店舗「西友豊玉南店」を東京都練馬区にオープンした。1 階に実店舗、2階にネットスーパー専用フロアを設けたハイブリッド型店舗で、この新形態の店舗は同社初。店舗設計やピッキングツールなどを充実させ、作業効率を最大化し通常の3〜4倍の受注配送能力を実現させる狙い。

新店舗の1階は今まで同様の実店舗、2階はネットスーパー専用のフロアとなり、2階には注文の多い商品を専用棚でストック、生鮮食品や冷凍食品、頻度の低めの商品等は1階実店舗からピッキングし効率的な配置にする。ピッキング作業は4件の注文を同時に対応できる専用カートと、ピッキングの最短距離を提案するアプリを導入、配送は日中6便体制でスタートし専用のトラックと出荷ドックを整備するという。

ネットスーパーは実店舗と同じ価格で、配送まで一貫して対応することで消費者需要の拡大を目指す。

西友、ネットスーパー対応の新型実店舗をスタート
ネットスーパー対応の新型実店舗

西友、ネットスーパー対応の新型実店舗をスタート
注文4件を同時に対応する専用カート
[画像提供:西友]

 
(冒頭写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧