• HOME
  • 国際 , 特集
  • 英語圏最古の学園都市・オックスフォードをゆっくり町歩き(1)

英語圏最古の学園都市・オックスフォードをゆっくり町歩き(1)

6月上旬、イギリスを訪れた。ロンドン市内から電車で約1時間の距離にあるOxford(オックスフォード)は、英語圏最古の総合大学であるオックスフォード大学を有する、歴史と文化を感じる学園都市だ。カレッジや図書館、教会、劇場など、歴史的建造物も多く、また、映画ハリーポッターの撮影で使われた場所としても有名なエリアだ。駆け足気味の日常を離れ、ゆっくりと時間をかけて町の中を歩いてみた。

英語圏最古の学園都市・オックスフォードをゆっくり町歩き
オックスフォードにある郵便局の入り口

英語圏最古の学園都市・オックスフォードをゆっくり町歩き
郵便局入り口の前にあるポスト

英語圏最古の学園都市・オックスフォードをゆっくり町歩き
BREWER STREETと同じ道。全ての道にストリート名がつけられており、看板も立てられている

英語圏最古の学園都市・オックスフォードをゆっくり町歩き
オックスフォード大学の前にあるアリスのショップ。オックスフォード大学には38のカレッジがあり、アリスの作者、ルイス・キャロルはクライストチャーチというカレッジに通い、卒業後もここで数学を教えていた。

英語圏最古の学園都市・オックスフォードをゆっくり町歩き
オックスフォード大学 クライストチャーチの入り口

[冒頭の写真]
オックスフォードのBREWER STREET

 
Facebook Like!

関連記事一覧