マイクロソフト、メッセンジャーアプリベンチャーを買収

米マイクロソフトは、スマートフォン用メッセンジャーアプリなどを提供するワンドラボ(Wand Labs)を買収したと、現地時間の16日に発表した。

13日に発表されたビジネスSNSリンクトイン(LinkedIn)に続き、同社が目指すコミュニケーションプラットフォームとしての拡大戦略が鮮明に現れたとみられる買収で、買収金額などは不明。これにより、検索エンジン「Bing」やクラウドサービス「Microsoft Azure」、オフィスアプリ「Office 365」などのプラットフォームに活用される機械知能技術の進化が期待される。

Wand Labsは2013年設立のベンチャー企業で、検索エンジン技術を専門分野とするヴィシャール・シャルマ(Vishal Sharma)氏が最高経営責任者(CEO)として率いているが、今回の買収により同社のサービスは終了し、マイクロソフトでそのノウハウを活かした新たな取り組みを進める。

マイクロソフト、メッセンジャーアプリベンチャーを買収
Wand Labsが提供していたメッセンジャーアプリ

画像提供:Wand Labs
(冒頭の写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧