• HOME
  • 国際
  • 日立、イタリア「トレタニア」から大規模受注

日立、イタリア「トレタニア」から大規模受注

6月29日、日立製作所はグループ会社「日立レールイタリア」が、イタリアの鉄道会社「トレニタリア(Trenitalia)」から、最大300編成の2階建て新型車両を供給することで合意したと発表した。トレタリアはイタリア国鉄の血筋を持つ。

総額26億ユーロ(約3000億円)の大規模契約で、まず39編成(195両)分を3.33億ユーロ(約380億円)で受注した。車両の名前はイタリアを代表する画家と同じ「カラバッジオ」。2階建ての通勤車両で、人間工学に基づいたレザーシートや、多目的スペースの設置などにより、快適な乗車を目指している。最高速度は160km/時で、乗車定員は656名と高い輸送能力を持つ。日立製作所のアステリア・ドーマー執行役専務 鉄道ビジネスユニットCEOは、「日立の優れた品質を示す受注であり、カラバッジオは乗客と顧客の期待に十分応えるものだ。」と語っている。

トレニタリア社は、イタリア国鉄の業務を引き継いだ民営鉄道会社で、イタリア全土をめぐる鉄道網を持っており、路線営業距離は1万6000km。イタリアの看板列車である「フレチャロッサ(Frecciarossa)」は世界からの訪伊観光客の多くが利用する。

画像提供:日立製作所

 
Facebook Like!

関連記事一覧