大迫力! 黒部ダムで夏の観光放水が始まる

富山県にある黒部ダムで6月26日より夏の観光放水が始まった。黒部ダムは1963(昭和38)年に完成した日本最大のアーチ式ダム。ダムの高さは186mで日本一。その日本一の高さから毎秒10トン以上の水量を噴き出す観光放水は、夏の黒部ダム観光の大きな見どころだ。これを見ようと毎年多くの観光客が夏から秋にかけて、この地を訪れる。

放水初日から、新観覧スポット「新展望テラス(仮称)」がオープンし、以前より放水口に近い位置から観光放水を見ることができるようになった。谷間にごう音を響かせながら、大量の水が勢いよく噴き出し、真っ白な水煙が一面に広がる光景は圧巻だ。現在、この新しい観覧スポットの名称募集をしており、扇沢駅や黒部ダム駅に設置された専用応募用紙で7月末まで応募ができる。

今年の観光放水の期間は10月15日まで。

[冒頭の写真]
新展望テラス(仮)から見た放水の様子

大迫力! 黒部ダムで夏の観光放水が始まる
水煙の中に虹が見える

【施設情報】
名称:黒部ダム
住所:富山県中新川郡立山町芦峅寺
電話:0261-22-0804
見学可能時間:4月10日~11月3日 7:30~17:35/11月4日~11月30日 8:30~16:35
休業日:12月1日~4月9日

 
Facebook Like!

関連記事一覧