「地球を想う」7日夜は各地でライトダウン

7日夜8~10時の2時間、東京駅や東京スカイツリーなどの施設の照明が消える。環境省が実施している「CO2(二酸化炭素)削減/ライトダウンキャンペーン」の一環で、全国2万3000以上の施設が一斉に行う。

同キャンペーンは、2003年から地球温暖化防止のため、同省が毎年6月21日~7月7日の間実施している。今年のスローガンは「ライトダウンする夜は、みんなが地球を想う夜」。夏至の6月21日とクールアース・デーの7月7日の両日の夜8~10時の2時間は、全国のライトアップ施設などへ一斉消灯を呼びかけている。昨年のライトダウンでは、2日間(計4時間)の消灯によって約2万8000世帯の1日当たりの排出量に相当するCO2を削減できたという。

クールアース・デーは、「天の川を見ながら、地球環境の大切さを日本国民全体で再確認し、年に一度、低炭素社会への歩みを実感するとともに、家庭や職場における取り組みを推進するための日」として、2008年のG8洞爺湖サミットが7月7日に開催されたことをきっかけに国が定めた。

最新の研究によると、過剰なライトアップや照明などの影響で、世界の人口の3分の1以上、日本の人口の70%近くが天の川を肉眼で見ることができないという。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧