• HOME
  • 科学・技術
  • 東芝、産業用ドローンを活用した電力インフラ巡視点検サービスに着手

東芝、産業用ドローンを活用した電力インフラ巡視点検サービスに着手

東芝は5日、産業用ドローン(小型無人機)を活用した送電線などの電力インフラの巡視・点検するサービス構築のため、車載機器メーカーのアルパインと提携すると発表した。両社の技術を合わせて研究開発し、2017年度中の実用化を目指す。

従来、送電線や鉄塔の巡視・点検は、習熟した保全作業員による目視点検が主流だ。しかし、山間部などアクセスの悪い地域を点検する場合は、長時間の移動や高所作業の危険性が高いことが課題になっている。産業用ドローンを使って高所の送電線や鉄塔上部を空中撮影し、状況を把握することで、作業時間の短縮や安全性の向上を実現できるという。

今回の提携では、東芝は人工知能(AI)を活用して空撮画像を処理・分析・特徴検出する仕組みを提供し、アルパインは全地球測位システム(GPS)や地図情報を活用しドローンの航行制御技術を提供する。今後、実用化の目処がつき次第、国内外のさまざまな社会インフラ設備・施設に対して、ドローンを活用した巡視・点検サービス事業を展開する。

画像提供:東芝

 
Facebook Like!

関連記事一覧