JAXA地球観測センターで秋の施設一般公開

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の地球観測センター(埼玉県鳩山町)は、10月2日に施設を一般公開する。普段は見られない同センターの設備が見学できるほか、宇宙から見た地球の画像の展示、講演会、クイズラリーなどが行われる。入場無料。

講演会「宇宙人文学~衛星データで歴史を知る」や、子ども向けに宇宙教室「人工衛星ってなあに?」を各2回開催するほか、ワークショップとして、カメラのフィルムケースでロケットを作り、打ち上げる企画や、宇宙飛行士の訓練服ブルースーツを着る企画などを開く。

地球観測センターは、JAXAの地球観測衛星や地球観測センサーで取得した観測データの画像処理・検査・解析を行っている。ここで処理したデータは国内外の地方公共団体、研究機関、大学などに提供し、環境問題の解明や災害監視、資源調査といった分野で活用されている。

JAXA地球観測センターで秋の施設一般公開
JAXA地球観測センターで秋の施設一般公開

【施設情報】
宇宙航空研究開発機構 地球観測センター
埼玉県比企郡鳩山町大橋沼ノ上1401
TEL:049-298-1385
http://www.eorc.jaxa.jp/event/2016/koukai/ev160823.html
開館時間:10:00~16:00

画像提供:宇宙航空研究開発機構(JAXA)

 
Facebook Like!

関連記事一覧