• HOME
  • 社会・経済
  • トヨタ、スズキとの業務提携を検討 自動車業界再編の動き加速

トヨタ、スズキとの業務提携を検討 自動車業界再編の動き加速

日本の自動車業界を担うトヨタとスズキは12日、連携強化の検討を開始すると発表した。両社は互いが抱える課題解決に向けて業務提携が有効と判断し、環境や安全、情報技術の分野で連携を進めていくとのこと。

トヨタの豊田章男社長は今回の業務提携について、「『もっといいクルマ』づくりと自動車産業の発展に役立つ取り組みであれば、我々は常にオープンな姿勢で検討したいと考えている」と述べた。また、スズキの鈴木修社長は「トヨタは業界トップの企業であり、また、あらゆる先進技術、将来技術を手掛ける最も信頼できる会社」と提携に前向きな姿勢だった。

軽自動車を中心に価格競争の高い車を作る技術を磨いてきたスズキは、先進・将来技術の開発に課題を置いている。スズキはインドの市場開拓など、低価格市場での販売を開拓し促進する力を持つ。一方、環境や安全、情報に関する技術開発に積極的に大規模な投資を行ってきたトヨタは、欧米各社に対抗するための仲間づくり、標準づくりの面で課題を抱える。スズキの低価格で新市場を切り開く力と、トヨタの大規模な技術開発投資によって、互いが恩恵を受けると判断した形だ。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧