• HOME
  • 社会・経済
  • ファストリ、「無縫製ニット」で島精機製作所と合弁会社設立

ファストリ、「無縫製ニット」で島精機製作所と合弁会社設立

ユニクロを傘下にもつファーストリテイリングは27日、無縫製ニット製品の製造手法「ホールガーメント」を開発した島精機製作所と合弁会社イノベーションファクトリーを設立した。新しいニット商品の共同開発・製造を行っていく。

イノベーションファクトリーは、昨年12月に島精機製作所の100%子会社として設立されたが、今回、ファーストリテイリングが49%出資し合弁会社化。今後はユニクロを中心としたファーストリテイリンググループ向けにホールガーメントによるニット製品を生産していく。

ニットウエアは通常、前身頃(まえみごろ)・後身頃(うしろみごろ)・袖などのパーツをそれぞれ編んだ後で縫い合わせるが、ホールガーメントは一着まるごと編み機から直接立体的に編み出すことができる製品で、島精機製作所が初めて開発した。加えてコンピュータグラフィックを用いたデザインと高性能コンピュータ横編機を駆使する同社の生産システムを用いている。イノベーションファクトリーは「画期的なニット製品の生産を実現するマザー工場の役割を担うことを目指す」としている。

画像提供:島精機製作所

 
Facebook Like!

関連記事一覧