日本発の新元素「ニホニウム」 科学未来館でトークイベント

日本科学未来館は、12月3日にトークイベント「アジア史上初! 新元素『ニホニウム』発見の意味するもの」を開催する。

「ニホニウム」は、理化学研究所のメンバーを中心とした研究グループが発見した113番元素。2015年末に、周期表に掲載される新元素としてアジアで初めて国際的に認定され、日本の快挙にちなんでニホニウムと名付けられた。イベントでは、新元素研究に準備段階から携わっている理研の加治かじ大哉だいや研究員を講師に招き、新元素発見の実験とはどのようなものか、ニホニウムが周期表に載ることが日本の科学技術にとってどのような意味をもつのかなどをテーマにした講演を予定している。対象は中学生以上で定員は40人。事前申し込み不要、参加費は無料(入館料のみ)。

【施設情報】
日本科学未来館
東京都江東区青海2-3-6
TEL:03-3570-9151
http://www.miraikan.jst.go.jp/
開館時間:10:00~17:00 火曜日・年末年始休館

参考記事
113番元素の名称案「ニホニウム」、元素記号案「Nh」に(2016/06/09)

画像提供:IUPACホームページ

 
Facebook Like!

関連記事一覧