• HOME
  • 特集
  • お家ごはん風食堂(3) ヴィーガンカフェのサラダバー(ドイツ、アウグスブルク)
お家ごはん風食堂(3) ヴィーガンカフェのサラダバー(ドイツ、アウグスブルク)

お家ごはん風食堂(3) ヴィーガンカフェのサラダバー(ドイツ、アウグスブルク)

欧州の健康食品市場を席巻しつつあるヴィーガン部門。ベジタリアンからさらに進んで肉や魚以外にも、卵、乳製品、ハチミツなど、動物由来の食品を一切口にしない「ヴィーガニズム」は、いまや一部のヒッピーのライフスタイルではなく、ドイツでも確実に市民権を獲得している。今回はそんな世相を反映した、おしゃれなヴィーガンカフェをご紹介したい。

お家ごはん風食堂(3) ヴィーガンカフェのサラダバー(ドイツ、アウグスブルク)
清潔なカウンターキッチン

アウグスブルクの旧市街にある「マムズ・テーブル(Mom’s Table)」。タイ風カレーや雑穀入りロールキャベツなど、クリエイティブなメニューの数々も魅力だが、ついつい引き寄せられてしまうのが、お惣菜コーナーさながらのサラダバーだ。

お家ごはん風食堂(3) ヴィーガンカフェのサラダバー(ドイツ、アウグスブルク)
お総菜コーナーのようなサラダバー

ナスのマリネ、コリアンダーを散らしたレンズマメのサラダ、根菜のピュレと、オーガニック素材を使った色鮮やかな野菜料理や生野菜がずらり。この中には、なんと和風のホウレン草のごまあえもある。これらが100グラムで2.20ユーロ(約262円)。一つ一つの料理が控えめな味つけで、野菜本来の味が前に出ている感じの、体に優しいお家ごはんの味わいだ。

清潔なカウンターキッチン
これ1皿で約6ユーロ。グルテンフリーのパンはお店で焼いている

ちなみに、ドイツのヴィーガンカフェやレストランをのぞいてみると、ヴィーガン料理には和食にインスパイアされたものが意外に多いことが分かる。ヴィーガン料理というと、何かものすごく未知なもののように思えるが、よく考えたら日本の精進料理もヴィーガンなのだ。

お家ごはん風食堂(3) ヴィーガンカフェのサラダバー(ドイツ、アウグスブルク)
お手製のケーキはほとんどが、オーブンで焼かないローフードのもの

※1ユーロ=119.3円で換算。(28日時点)

Mom’s Table
Maximilianstr.77
86150 Augsburg
Tel: 0821-50829677
www.momstable.com

11:00-22:00
*日曜お休み

 
Facebook Like!

関連記事一覧