戦前の「検閲官」の人物像を展示 千代田区立図書館

戦前の「検閲官」の人物像を展示 千代田区立図書館

東京都千代田区立図書館では4月22日まで、展示コーナーに「検閲官-戦前の出版検閲を担った人々の仕事と横顔」を展示している。

展示では、戦前の日本で行われていた「出版物の検閲」を、実際に行っていた当時の内務省警保局図書課の検閲官たちに焦点を当てる。出版検閲に関する研究で新しく発見された資料と、これまでの資料のつなぎ合わせによって、従来あまり研究されてこなかった個々の検閲官を取り上げる。出版検閲の業務体制の全体像や、4人の検閲官の仕事内容、キャリアパス、プライベートなどそれぞれの人物像を紹介する。

併設展示コーナーには、県立長野図書館所蔵の出版検閲関連資料も展示。関連講演会「検閲官の実像にせまる」では、「エリートとたたき上げ」、「文学青年だった検閲官」の2つのテーマを取り上げる。

【施設情報】
千代田区立図書館
東京都千代田区九段南1-2-1
TEL:03-5211-4289、4290
http://www.library.chiyoda.tokyo.jp/
開館時間:10:00~22:00(月~金)、~19:00(土)、~17:00(日、祝日)

画像提供:千代田区立図書館

 
Facebook Like!

関連記事一覧