川崎重工 ワシントン地下鉄から新型7000系車両を大型受注

13日、川崎重工業はワシントン首都圏交通局(WMATA)より、新型地下鉄車両220両を追加受注したと発表。契約金額は約40億ドル(約480億円)で、リンカーン工場(米国ネブラスカ州)で製造し、2018年から2019年にかけて順次納入する。この納入でWMATA保有車両の半数以上が川崎重工製となる。受注総数は748両、契約総額は14.7億ドル(約1760億円)。

2010年にベース契約として64両を受注し、それに付随したオプション契約としてこれまで追加受注しており、今回が最後のオプション行使。この追加受注された7000系車両はステンレス製で、従来の車両より座席数を増やすだけでなく、デジタルコンテンツ表示装置や高性能監視用CCTVカメラ、情報伝送システムなど最新機能を備えており、安全性と信頼性を向上している。

WMATAは首都ワシントンの玄関口であるダレス国際空港への延伸や、老朽化した既存車両の更新を計画、また今後もワシントン~ニューヨーク~ボストン間である北東回廊を中心に、都市交通の車両更新や輸送力増強のためのプロジェクトの実施を予定している。

画像:川崎重工業の新型地下鉄車両7000系

関連記事一覧