• HOME
  • 特集
  • オオワシ会いに 羅臼バードウオッチングクルーズ
オオワシ会いに 羅臼バードウオッチングクルーズ

オオワシ会いに 羅臼バードウオッチングクルーズ

厳冬の北海道、羅臼沖・根室海峡。ここでは、この期間に知床へ越冬してくるオオワシに会うことができる。西に知床半島、東に国後島という壮大な景観の中、冬にやってくる流氷がプランクトンを運び、プランクトンを求めて魚が集まる。その魚を求めて、オオワシ、オジロワシがここで越冬するためにやって来るのだ。知床半島の西側は流氷で埋め尽くされて餌が取れないため、流氷密度の低い羅臼側へ鳥たちがやって来るのだそうだ。

2月末、エバーグリーン号というバードウオッチング観光船に乗り、流氷期にやってくる約700羽のオジロワシ、オオワシを探しながらクルージングを楽しんだ。

オオワシ会いに 羅臼バードウオッチングクルーズ
多くのカモメたちと共に、舞うオオワシの雄姿

数多くのカモメたちに混じって、一際大きく翼を広げて大空を舞うオオワシを見つけた。雄大な姿に魅了される。オオワシは韓国、北朝鮮、中国北東部、日本とロシアの東部に生息し、日本ではいちばん大きなワシと言われ、全長は90~100cmくらいになる。国の特別天然記念物に指定されている。海外からも、一生の間にひと目このオオワシを見ようと、わざわざ、ここ羅臼を訪れる人もいる。

たくさんのカモメたちを従えて、天から舞い降りてきたかのようにも見えるオオワシ。全身にまとう黒、白、黄色のコントラストが美の極みをたたえ、王者のような風格を漂わせている。

オオワシ会いに 羅臼バードウオッチングクルーズ
流氷の上にたたずむオオワシ

鋭いクチバシで瞬間、獲物を捕らえ、口にする様子をかろうじてカメラに収めた。
圧巻。この一言だ。

オオワシ会いに 羅臼バードウオッチングクルーズ
オオワシが獲物をキャッチした瞬間

知床ネイチャークルーズ:http://www.e-shiretoko.com/

 
Facebook Like!

関連記事一覧