富山にてニホンライチョウ保護増殖事業で初めての産卵

ニホンライチョウ保護増殖事業で初めての産卵に成功

富山市ファミリーパーク(富山県富山市)は20日、ニホンライチョウの人工繁殖での産卵に初めて成功したと発表した。同園は、環境省のニホンライチョウの保護増殖事業として人工繁殖に取り組んでおり、4月末からオスとメスを同じケージで飼育したところ、13日に初交尾、20日には産卵を確認。産卵したのは2016年6月にふ化したメスで、生み落とされた卵の数は1個だった。

同園は2015年よりライチョウ保護増殖事業に参画し、2016年度は同園と上野動物園(東京都台東区)の他に大町山岳博物館(長野県大町市)もニホンライチョウの保全を目的とした取り組みに加わっていた。富山市ファミリーパークでは乗鞍岳で採取した卵のふ化育雛を行い、オス6羽メス1羽を飼育している。

富山市ファミリーパークでは今回の卵も含めて、今後産卵した卵は2015・2016年度と同様に、卵を温めてふ化させるふ卵器に入れ、人工ふ化を行っていくという。順調に行けば6月の中下旬には孵化する見込み。
富山にてニホンライチョウ保護増殖事業で初めての産卵

画像提供:富山市ファミリーパーク

参考記事
ライチョウ繁殖事業3施設のヒナの性別が判明(2016/07/16)
ニホンライチョウ繁殖飼育事業 大町山岳博物館も参加へ(2016/05/19)

 
Facebook Like!

関連記事一覧