日本一死亡率が低い県は? 男女とも長野

「健康県」、男女ともに長野が1位 厚労省調査

厚生労働省は14日、人口10万人当たりの年間死亡者数を示す2015年版「年齢調整死亡率」を発表。今回は男性486.0(前回比58.3ポイント減)、女性255.0(同20.0減) で、死亡状況は改善された。都道府県別では、男女ともに最高が青森で、最低が長野だった。長野は男性が6回連続、女性は2回連続で「全国一の健康県」となった。一方、青森は前回に続いて男女の死亡率が全国最高だった。

年齢調整死亡率は、年齢構成をそろえた場合の人口10万人当たりの年間死亡者数を示すもの。1960年から人口動態統計をもとに国勢調査がある5年ごとに算出しており、今回が12回目。


(厚労省「2015年 都道府県別年齢調整死亡率の概況」より)

全死因における都道府県別の年齢調整死亡率を男女別に見ると、男性では最も低かったのが長野で434.1人、次いで滋賀が437.9人、奈良が452.9人だった。最も死亡率が高いのが青森で585.6人、次いで秋田540.3人、岩手522.5人と東北地方が死亡率の高位を占めていた。また女性では、最低が長野の227.7人、次いで島根236.9人、岡山238.4人だった。最も高かったのが男性と同じく青森で288.4人、2位が福島275.7人、3位が茨城273.8人だった。


(厚労省「2015年 都道府県別年齢調整死亡率の概況」より)

また、死因別ではがん、心疾患、脳血管疾患の三大要因による死亡率は、いずれも前回より低下した。詳細な結果は厚生労働省のホームページから確認できる。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧