• HOME
  • 国際
  • EU域内でのローミング追加料金が廃止に
EU域内ローミング料廃止

EU域内でのローミング追加料金が廃止に

欧州連合(EU)域内でのローミング追加料金が、6月15日から廃止になった。適用範囲はEU加盟国28カ国とアイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー。同日付の独シュピーゲル・オンライン版が報じた。

データローミングとは、スマートフォンやタブレットなどで使用しているキャリアの電波が届かない外国へ行ったときに、各キャリアが提携している現地キャリアの電波を受信し、ネット使用が可能になるというシステム。これまではEU域内でも国境を越えると追加料金が発生していたが、このたびこれが廃止された。ローミング追加料金廃止は、適用範囲内の国でキャリア契約しているか、またはSIMカードを購入していれば対象となる。つまり、ドイツで契約したスマートフォンをスペインでの休暇中に使用した場合も、ローミング追加料金がかからないという仕組みだ。

ただし欧州委員会は、これによってEU域内で国境を越えてより料金水準の低いSIMカードを求めるケースが増えることを警戒。キャリア契約、またはSIMカードを購入した国以外でのローミング使用が目立つ場合は、加算料金が発生することになっており、このための監査期間は4カ月と定められている。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧