セブン-イレブン、ベトナムに出店決定

セブン&アイ・ホールディングスは、2017年度内にベトナムでセブン-イレブン店舗の展開を開始することを決定し、7月30日に発表した。

ベトナム・ホーチミン市に7月6日に設立されたセブン・システム・ベトナム(Seven System Vietnam Co., Ltd.)と、セブン&アイ・ホールディングスの子会社である米国のセブン-イレブン(7-Eleven, Inc.)とがマスターフランチャイズ契約を締結したことにより、このたびベトナムに出店することとなった。

セブン&アイ・ホールディングスの子会社であるセブン-イレブン・ジャパンは、米セブン-イレブンとともに、独自に培ったノウハウを活かし、1号店の開店準備を含め、ベトナムの運営会社を支援し、今後も既存地域・新地域の両面でグローバル戦略を推進・強化していく方針だ。「ベトナムの流通近代化と同国における顧客の利便性向上を図る」としている。

(写真はイメージ)

関連記事一覧