• HOME
  • 社会・経済
  • 本好きが集う「梟書茶房」 ドトールとかもめブックスがコラボ
本好きが集う「梟書茶房」 ドトールとかもめブックスがコラボ

本好きが集う「梟書茶房」 ドトールとかもめブックスがコラボ

東京・池袋駅直結のEsola(エソラ)池袋4階に6月30日、ドトールの新ブランド「本と珈琲 梟書茶房(フクロウ ショサボウ)」がオープンした。

同店のコンセプトは「Coffee Meets Books」。ドトールコーヒーと神楽坂の書店「かもめブックス」の代表で、最近ではドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」を監修した柳下恭平氏がコラボレートした。

店内には約3000冊の書籍が並ぶ。これらは柳下氏が「あらたな本との出合い」をテーマに選書したもので、そのうち約1000冊は店内で自由に読むことができ、約2000冊は購入できる。客席はテラス席を含めて132席。店内は「珈琲と食事を楽しむ」「読書と珈琲を楽しむ」「物思いに耽る」「お喋りする」の4テーマで空間デザインされており、雰囲気の異なる4つのスペースが共存している。

本好きが集う「梟書茶房」 ドトールとかもめブックスがコラボ
店内にはテーマ別に4つのスペースがある

本好きが集う「梟書茶房」 ドトールとかもめブックスがコラボ
店内にある約1000冊の本を自由に読める

本好きが集う「梟書茶房」 ドトールとかもめブックスがコラボ
コーヒーカウンターの奥は、図書館風の「アカデミックエリア」

コーヒーは、日本スペシャルティコーヒー協会副会長、同トレイニング委員長を務める菅野眞博氏がコンセプトに合わせて開発した深煎りの「梟(フクロウ)ブレンド」。オーダーを受けてからサイフォンで抽出する。

本好きが集う「梟書茶房」 ドトールとかもめブックスがコラボ
梟ブレンド(500円)と本の形をイメージしたBOOKシフォン・チョコレート(500円)

また、カフェ&ブックならではのメニュー「珈琲と本のセット」を提供。柳下氏が選んだ本と、その本のイメージに合わせて菅野氏がブレンドした「小説のためのブレンドコーヒー」のセットで、テーマはシーズン毎に変わり、数量限定だ。

本好きが集う「梟書茶房」 ドトールとかもめブックスがコラボ
7月1日時点のテーマは「孤独」

また、店内では書籍も販売しているが、その方法もユニーク。販売する約2000冊の書籍はすべて梟書茶房オリジナルブックカバーで袋とじされた「シークレットブック」。中身は読んでからのお楽しみ、というわけだ。客は表紙に書かれた紹介文を頼りに、自分の感性に従って、そのとき読んでみたいと思ったものを手に取っていく。

本好きが集う「梟書茶房」 ドトールとかもめブックスがコラボ
シークレットブックのカバーに書かれているのは本の紹介と、次におすすめの本

場所は池袋駅直結の駅ビル内。好アクセスでありながら、都心の喧騒とは少し離れた静かな空間で、本を通じた新たな出合いを楽しめるカフェ&ブックだ。

【店舗情報】
本と珈琲 梟書茶房(フクロウ ショサボウ)
東京都豊島区西池袋1-12-1
https://www.doutor.co.jp/fukuro/
営業時間:10:30~22:00

 
Facebook Like!

関連記事一覧