ボルボが電動車メーカーへ 19年以降はガソリン車生産せず

ボルボが電動車メーカーへ 19年以降はガソリン車生産せず

スウェーデンの大手自動車メーカー・ボルボが、2019年以降に販売する同社の新モデルをすべて電気自動車(EV)またはハイブリッド車などの電動車にすると発表した。世界有数の大手自動車メーカーとして、電動車のみの生産に踏み切る初めてのケースとなる。5日付の独ツァイト紙オンライン版が伝えた。

ボルボは来年から段階的に、ガソリン車およびディーゼル車の開発から退き、2019年以降は電動車のみの生産に転換する。ボルボのハーカン・サミュエルソンCEOはこの理由として、顧客からの電動車に対する需要の高まりを上げており、2019年までにEVの新モデル5台を市場に出すことと、2025年までに電動車100万台の売り上げ達成を目指すとしている。今年5月の時点で同社は、「今後ディーゼル車の次世代モデルの開発には金をかけない」と公表しており、これに代わって電動車に力を注いでいく旨を示していた。

一方、ドイツの大手自動車メーカー各社はいまだにガソリンおよびディーゼル車の生産が主軸を担っているが、一昨年のフォルクスワーゲンによる大規模なディーゼル車排ガス不正スキャンダルの影響を受けて、ディーゼル車の新車登録台数は減少している。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧