人になつく遺伝子マウスで明らかに

人になつく遺伝子 マウスで明らかに

英国立遺伝科学研究所のロンドン大学の研究グループが、マウスを使った実験とゲノム解析によって、動物が人に近づく行動に関わるゲノム領域を明らかにした。4日付の英オンラインジャーナル『サイエンティフィック・リポーツ』に掲載された。

野生動物と家畜動物の違いの一つに「人に対する行動」がある。多くの野生動物は、人を見る、あるいは人が近づくと即座に逃げていくのが普通だが、イヌや家畜動物などは、人が近づいてもあまり逃げることがなく、むしろ自ら近づいてくる場合もある。しかし、こうした行動の違いはどのような遺伝的しくみで生じているのか分かっていなかった。

研究チームは8カ国から集めた野生のマウスを交配させ、遺伝的にさまざまな特徴を持つマウスを作成。その中から、自ら人に近づくマウスを選び、それらをさらに交配させるという実験を繰り返すことで、自ら人に近づく特徴を強く持つマウスのグループを作ることに成功した。普通のマウスと自ら人に近づくマウスのゲノムの違いを調べたところ、11番染色体の2つの領域が関連していることが明らかになった。さらに、イヌでも、その2つの領域に相当する領域を持つことが確認され、イヌの従順さもこの領域が関わっていることが考えられるという。

今回の研究によって動物の家畜化に関わる遺伝的なしくみが明らかになったと研究グループは話す。今後、野生動物の多くがなぜ家畜化できないのかが遺伝学的視点から明らかになるかもしれない。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧