• HOME
  • 特集
  • 平和を願い多くの人が広島訪問 72年目の原爆記念日
平和を願い多くの人が広島訪問 72年目の原爆記念日

平和を願い多くの人が広島訪問 72年目の原爆記念日

8月6日は広島に原爆が投下された日。その日から今年で72年目を迎えた。この日には毎年、広島平和記念公園で犠牲者の冥福と平和を祈る式典が開かれている。

前日の5日には多くの人が平和記念公園を訪れたが、中でも外国人訪問客の姿が目立ち、昨年のオバマ米大統領の広島訪問の影響の大きさを感じさせた。

平和を願い多くの人が広島訪問 72年目の原爆記念日
折り鶴のピアスをした女性。
 
平和を願い多くの人が広島訪問 72年目の原爆記念日
各地から中学生も学校代表者が平和大使として折り鶴をもってきていた。

平和を願い多くの人が広島訪問 72年目の原爆記念日
6日の平和記念式典は椅子に座れない人たちも、木の下に置かれたモニターを見ながら参加

平和を願い多くの人が広島訪問 72年目の原爆記念日
夜には原爆ドームがライトアップされ、道には灯がともされた。

[冒頭の写真]原爆ドームの前に並べられた灯篭。夜7時に点火され、手書きの絵やメッセージが明るく光った。

 
Facebook Like!

関連記事一覧