• HOME
  • 科学・技術
  • カメラで写して即翻訳 Google翻訳アプリが27カ国語対応へ拡大

カメラで写して即翻訳 Google翻訳アプリが27カ国語対応へ拡大

米Googleは同社のスマートフォンアプリ「Google翻訳」を使用し、カメラで写した画像に書かれているテキストを自動翻訳する機能の対応言語を27カ国語に拡大した。

1月に7カ国語対応アプリとしてリリースされたが、一度に20言語を追加したことになる。同アプリのカメラ機能を立ち上げて町中の道標や食品の原材料リスト、マニュアルなどにかざすだけで、画面内で自動的に変換したい言語が表示される。日本語はまだ対応していないが、海外出張や海外旅行時など見知らぬ土地での即時翻訳に期待が高まる。

言語はリリース時の7カ国語(英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語)に、以下の20カ国語が追加された。

<今回追加された20カ国語>
ブルガリア語
カタロニア語
クロアチア語
チェコ語
デンマーク語
オランダ語
フィリピン語
フィンランド語
ハンガリー語
インドネシア語
リトアニア語
ノルウェー語
ポーランド語
ルーマニア語
スロバキア語
スウェーデン語
トルコ語
ウクライナ語
ヒンディー語(英語からの翻訳のみ)
タイ語(英語からの翻訳のみ)

関連記事一覧