• HOME
  • 社会・経済
  • 日本と南米の熱い友情 日本サッカー協会会長が南米サッカー連盟の特別勲章を受賞

日本と南米の熱い友情 日本サッカー協会会長が南米サッカー連盟の特別勲章を受賞

 南米を歴訪している日本サッカー協会(JFA)の大仁邦彌会長は3月4日、第65回南米サッカー連盟(CONMEBOL)総会に先立って開催された公式晩餐会にて、スルガ銀行の岡野光喜社長兼CEO と共に特別勲章「Gran Collar Extraordinario」」を授与された。
 同勲章は、2008年より開催されているJリーグヤマザキナビスコカップの優勝チームと、コパ・リベルタドーレスと並ぶ重要な国際大会であるコパ・スダメリカーナの優勝クラブが対戦する、スルガ銀行チャンピオンシップの実施を評価されてのもの。
 大仁会長は、「(日本サッカーは)CONMEBOLの惜しみない協力のお陰で日本サッカーがここまで発展してきました。長きにわたる日本と南米の友情に心から感謝するとともに、これからもより一層の協力関係を構築し、努力していきたいと思っています」と喜びを述べた。
 両者の発展を願った友情のつながりが大きな功績を生み、さらなる発展を実現することとなるだろう。

関連記事一覧