• HOME
  • 特集
  • NYで大人気のハンバーガー「シェイク シャック」待望の日本上陸

NYで大人気のハンバーガー「シェイク シャック」待望の日本上陸

2016年、東京に初上陸することで話題のハンバーガーブランド「Shake Shack(シェイク シャック)」。本場ニューヨークにて、一足先に味わってきた。

新鮮でシンプルな味わいのシェイク シャックは、ニューヨークで行列ができる大人気店だ。格付け情報誌「Zagat NYC」の2014年度版で「最も人気のあるニューヨークのレストラン」の中に選ばれたほか、ニューヨークタイムズ誌の「歴史上、最も影響のある17のバーガー」に選出されるなど数々の受賞歴がある。

シェイク シャックの人気メニューは、何と言ってもハンバーガー。100%アンガスビーフで作った良質なパティとジャガイモを練り込み、モチモチとした食感が特徴的なバンズは、一度食べたら病みつきになる美味しさだ。値段は一つ約5ドルなので、日本円で600円程度か(1ドル124円、8月16日現在)。マクドナルドのチーズバーガーが150円であることを考えると、やや強気の価格設定かもしれない。
 
「Stand For Something Good(関係するすべてのモノをより良くしていく)」という企業ミッションを掲げるシェイク シャックは、環境に最大限配慮した店舗デザインを採用しながら、地域社会へ貢献する取り組みを行う。第1号店であるマディソン・スクエア・パーク(地名)の店舗は、周囲の住民の憩いの場となっている。

2020年までに日本国内で10店舗展開予定という同店。 気になる東京での立地、時期の詳細は明かされていないが、街で見つけた際には必ず訪れてみたい。
 
NYで大人気のハンバーガー「シェイク シャック」待望の日本上陸

関連記事一覧