• HOME
  • 社会・経済
  • 働き方改革している中小企業は4割 ベテランほど「効果感じず」
働き方改革している中小企業は4割 ベテランほど「効果感じず」

働き方改革している中小企業は4割 ベテランほど「効果感じず」

ワークスモバイルジャパン(東京都渋谷区)は19日、中小企業を対象にした働き方改革意識・実態調査の結果を発表した。中小企業の39.5%が働き方改革に取り組んでいるものの、効果を実感しているのは若手社員が多く、15年以上の中堅・ベテラン社員ほど効果を実感できていないことなどが分かった。

調査は、全国の中小企業に勤める18~59歳の正社員825人を対象に9月15日から10月2日にかけてインターネットで実施。

働き方改革に取り組む約4割の中小企業のうち66%が、時間外労働の上限設定や勤務時間の多様化など「長時間労働の是正」に取り組んでおり、次いで「社員のスキルアップ」(39.6%)、「労働生産性向上」(32.8%)、「社員間コミュニケーションの円滑化」(31.3%)となった。

こうした取り組みに対して「効果を実感している」と回答した社員は32.8%で、「どちらでもない」が39.9%、「効果を感じていない」は27.3%という結果だった。特に世代ごとに回答が分かれており、効果を実感していると回答したのは、社会人歴3~5年の社員は44.7%、5~15年の社員は37.1%だったが、15~30年の社員は14.3%、30年以上の社員では13.6%まで落ち込んだ。一方、効果がないと答えたのは15~30年の社員が最も多く、36.7%に上った。

(写真はイメージ)

関連記事一覧