「緑化優良工場等経済産業大臣賞」の受賞工場発表

「緑化優良工場」経産大臣賞、YKK黒部事業所が初受賞

経済産業省は10月30日、「緑化優良工場等経済産業大臣賞」の受賞工場を発表した。同賞は、緑化を積極的に推進し、工場内外の環境の向上に顕著な功績のあった工場等を表彰するもので、本年度は5工場が受賞した。

富山県で初の経済産業大臣賞となったYKKの黒部事業所(富山県黒部市)は、約8ヘクタールの敷地を「YKKセンターパーク」として一般開放。緑地や池に加え、ものづくり体験施設も整備し、年間約4万人が訪れている。敷地内の「ふるさとの森」には、地域の自然を守るため、黒部川扇状地に原生していた樹木の種子から苗木を作り2万本を植樹しており、絶滅危惧種、希少種を含む287種の生物が生息する。また、自然エネルギーを最大限に利用した低エネルギーな「まちと住まいづくり」など、地域社会と共に環境活動を進めている。

経済産業大臣賞の他にも、経済産業局長賞に6工場、日本緑化センターより会長賞に15工場、会長奨励賞に5工場が選ばれた。11月1日に「第36回工場緑化推進全国大会」にて表彰式が行われた。

画像提供:経済産業省

関連記事一覧