訪日客過去最高 2016年は 2403万人

10月の訪日外客数259万5000人、各国の記録更新

日本政府観光局(JNTO)は15日、訪日外客数の2017年10月推計値を発表した。10月の訪日外客数は、前年同月比21.5%増の約259万5000人となり、10月としては過去最高となった。

市場(国・地域)別では、査証要件緩和の効果が続くロシアが単月として過去最高となり、17市場が10月として過去最高となった。また1月からの累計では、香港(185万1000千人)、インドネシア(27万1000人)、ベトナム(26万4000人)の3市場が10月までに昨年の年計を超え、年計の過去最高を10月の時点ですでに更新した。

東アジア市場では、昨年9月にあった中秋節の祝日が10月に動き、例年より長い連休となったことが要因となった。また、航空路線の拡充、訪日旅行プロモーションの効果も訪日意欲を喚起した。

なお、11月10日の石井啓一国土交通大臣記者会見によると、合計の訪日外客数は4日、1月からの累計が昨年の2404万人を超えたという。

(写真はイメージ)

関連記事一覧