• HOME
  • 特集
  • 新年特集 海外旅行、王道の人気渡航先トップ3
【2018年新年特集】海外旅行、王道の人気渡航先トップ3とその理由とは

新年特集 海外旅行、王道の人気渡航先トップ3

お正月休みも終わり、気になるのは次のお休みでしょうか。2018年は3日以上の連休は10回あり、旅行に出かける機会は2017年に比べ多くなっています。旅行ガイドブック『地球の歩き方』が昨年12月に発表した人気旅行先ランキングをもとに、不動の人気を誇る王道の旅行先トップ3と、その人気の理由、おすすめポイントを紹介します。

 

第1位 ハワイ

昨年と同様、堂々の第1位に輝いたのはハワイ。ハワイはすぐ近くに山も海もあり自然が豊かであることが特徴です。マリンアクティビティが人気で、パラセーリングやシュノーケリング、ジェットスキーが体験できるツアーも多くあります。またハワイのスイーツは女子ウケ間違いなし! 昨年の2月にカイルアにオープンした「モクルア・ホームメード・アイスクリーム(Mokulua Homemade Ice Cream)」では、ハワイの素材をふんだんに使ったアイスクリームを堪能できます。他にもさまざまなスイーツがあるので事前に調べてから行くことをお勧めします。

 

第2位 イタリア

【2018年新年特集】海外旅行、王道の人気渡航先トップ3
こちらも昨年と同様2位に選ばれました。イタリアは長い歴史を持つ国であり、芸術や食を楽しめる国として有名です。また、北部から南部まで地域や都市によって街の雰囲気が異なるため、長期で複数都市を訪れる際にはおすすめな国です。ミラノはファッション、ビジネスの中心地。ローマはコロッセオなど遺跡や歴史的建造物が多く存在します。フィレンツェは「芸術の都」と呼ばれ、世界の重要文化財に認定されている作品のおよそ30%がフィレンツェにあると言われています。歴史が長いので、その背景を知って観光地をめぐるとより楽しめるでしょう。

 

第3位 台湾

【2018年新年特集】海外旅行、王道の人気渡航先トップ3とその理由とは
昨年は4位でしたが3位に浮上しました。台湾は親日で有名で、日本から3~4時間程で行けることもあり、行きやすい旅行先の一つです。渡航費用の安さも人気の大きな要因です。格安航空会社(LCC)で片道5000円程の格安チケットもあったり、現地ではお弁当が1個約240円、日本より量も多く美味しいタピオカミルクティーが約120円で楽しめたりします。そして有名な観光地がまとまったところにあるのも魅力的です。映画『千と千尋の神隠し』のような雰囲気が味わえる九份や、蒋介石の像があり傭兵交代式が有名な中正記念堂、世界一の中国美術工芸品があると名高い故宮博物院など、2日もあれば主要スポットをめぐることができます。週末や3連休を利用する旅行先としておすすめです。

複数の旅行会社が新春初売りフェアと銘打ってお得なツアーを組んでいます。ゴールデンウイークなども見据えて情報を集め、お得で充実した旅行を計画してみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧