大人になったら何になりたい? 男の子では15年ぶりに「学者・博士」が一番人気に

将来の夢 男の子は「学者・博士」が一番人気

第一生命保険は5日、「大人になったらなりたいもの」アンケートの結果を発表した。男の子では「学者・博士」が15年ぶりに1位に返り咲き、「野球選手」が「サッカー選手」を抜いて2位に浮上した。

アンケートは全国の保育園・幼稚園生と小学校1~6年生1100人を対象に実施。男の子の1位は学者・博士、2位は野球選手、3位はサッカー選手となった。学者・博士になりたい理由としては「実験で新しいことを発見して、たくさんの人の役に立ち喜ばれる人になりたいです!」などの声があった。

一方、女の子では、21年連続で食べ物屋がトップ。2位は看護師、3位は保育園・幼稚園の先生となった。食べ物屋さんになりたい子からは「パティシエになっていろんな人を食べ物で笑顔にしたい!」という声などがあった。

なお、今年の新成人(1997年4月2日~1998年4月1日生まれ)が子どもの頃(小学校1~6年生時)になりたいと答えていたのは、男の子は1位が野球選手。学者・博士も3~4位にはランクインしており、順番が入れ替わった形になった。女の子は順位の変動はなかった。

(写真はイメージ)

関連記事一覧