未来型自動運転 日産・DeNAが実証実験

未来型自動運転 日産・DeNAが実証実験

日産自動車とディー・エヌ・エー(DeNA)は23日、無人運転車両を活用した新しい交通サービス「Easy Ride(イージーライド)」の実証実験を、3月5日より神奈川県横浜市のみなとみらい地区周辺で開始すると発表した。これに伴い、乗車する一般モニターを公式サイトで募集している。

この実験では実験車両に一般モニターを乗せて、日産グローバル本社から横浜ワールドポーターズまでの合計約4.5kmのコースを往復運行する。目的地を専用のモバイルアプリで設定するだけでなく、やりたいことをテキストや音声で入力してお勧めの候補地を表示させることもできる。また、乗車中に走行ルート周辺のお勧めスポットやイベント情報が車載タブレット端末に表示されるほか、店舗などで使えるクーポンも用意されている。走行中の車両の位置や状態は、遠隔管制センターが把握する。

今回の実験で乗車中や乗降時の評価、周辺店舗と連動したサービスの利用状況、有人車両との混合交通下での車両配備などを検証する。2020年代早期に本格的なサービス提供を目指している。

公式サイト
https://easy-ride.com/

画像提供:日産・DeNA
 

参考記事
DeNA、横浜・金沢動物園で自動運転バスの試乗会(2017/04/26)

関連記事一覧