• HOME
  • 国際
  • ベトナム戦争のソンミ村事件から50年 記念公園建設決定
ベトナム戦争のソンミ村事件から50年 記念公園建設決定

ベトナム戦争のソンミ村事件から50年 記念公園建設決定

ベトナム戦争中に起きたソンミ村事件の記念公園として「ミーライ平和公園」が建設されることとなった。同事件では50年前の1968年3月16日、ソンミ村のミーライ村落で米国兵士の襲撃により民間人504人が犠牲になった。犠牲者を追悼する記念公園は記念館の近くに建設される予定で、全体の広さは41ヘクタール、費用は約3480億ドン(約16億円)。着工から3~5年で完成する予定。ベトナムメディア「VNエクスプレス(VnExpress)」が7日に報じた。

ソンミ村のあるクアンガイ省のダン・ゴク・ズン人民委員会副主席は、「この公園はクアンガイ省の象徴であるだけでなく、平和を願い戦争に反対する世界の人々が訪問する場所となるだろう」と強調した。

ミーライ平和基金のチュオン・ゴク・トゥイ主席は、日本の広島や長崎の平和公園を訪れて詳しく調べ、協力を得たという。トゥイ主席は「この公園は世界のすべての平和公園とつながりを持っていく」と述べた。現地住民や地方の経済発展支援もしていくという。

(1ドン=0.0046円で換算)
(写真はイメージ)
 

関連記事
「ソンミ村事件」49年目の慰霊祭~平和を願い、語り継ぐ証人たち(2017/0321)

関連記事一覧