グーグルがロゴデザインを変更 マイクや通話用ロゴも紹介

グーグルは2日、2年ぶりにロゴデザインを変更した。最近主流となったフラットデザイン、文字の端が尖っていないサンセリフ体が採用され、シンプルなデザインとなった。

オフィシャルブログでは、オリジナルのロゴはデスクトップ上のブラウザページに表示されるためのものだったが、今回の変更は、さまざまなサービスに対応できるロゴデザインが必要であったためと伝えている。公開されたロゴ紹介動画には、グーグルカラーの4色を使ったマイクロゴや、通話の音量ロゴなどがみられる。

また、先日グーグルの親会社「アルファベット」を新設した際に発表された、「グーグルはアルファベットの一つのG」という意味を込めた、Gのみのロゴデザインも公開された。

関連記事一覧