岡山の格安バス会社 自動運転バス導入に向けた実証実験へ

岡山の格安バス会社 自動運転バス導入に向けた実証実験へ

ソフトバンクグループのSBドライブと岡山県内で路線バスを運営する宇野自動車(宇野バス・岡山市北区)は6日、バス自動運転サービスの実用化に向けて実証実験を行うことを合意したと発表した。

宇野バスは、従来から一貫して国や自治体から補助金を受けることのない経営を続けながらも、対キロ区間制基準賃率23円20銭という、民間バス会社として業界最低水準の運賃を20年以上にわたって維持している。これを今後も継続するため、運転手の確保や離職防止策を講じると同時に自動運転バスの導入が必要と考えたという。

実証実験に先立って、自動運転バスの一般試乗会を4月14~15日に岡山県赤磐市で開催する予定。一般試乗会で使用するバスは、市販の小型バスを東大発ベンチャー企業の先進モビリティ社(東京都目黒区)が改造したもので、自動運転レベル3で走行する。

画像提供:SBドライブ
 

参考記事
空港での自動運転バス導入へ ANA・ソフトバンク羽田空港で実験開始(2018/03/03)
マニアックな運行状況検索ができる!「バスまだ?」システムを試験運用開始(2016/03/20)

関連記事一覧