• HOME
  • 科学・技術
  • 空港での自動運転バス導入へ ANA・ソフトバンク羽田空港で実験開始
空港での自動運転バス導入へ ANA・ソフトバンク羽田空港で実験開始

空港での自動運転バス導入へ ANA・ソフトバンク羽田空港で実験開始

全日空(ANA)と、ソフトバンクグループのSB(エスビー)ドライブ社(東京都港区)は2月25日、羽田空港整備場地区で実証実験を実施し、空港における自動運転バス導入に向けた取り組み開始を発表した。今後、両社は2020年以降の空港における自動運転バスの実用化を目指して、段階的に実証実験を進める。

今回、実験で使用する車両は、市販バスを東大発ベンチャー企業の先進モビリティ社(東京都目黒区)が改造し、SBドライブが開発中の遠隔運行管理システム「Dispatcher(ディスパッチャー)」を使用。車両走行制御技術や遠隔運行管理システムの検証などを行った。「Dispatcher」は複数台の車両ごとの運行管理や車内外の映像モニタリングなどの機能を持つ。

2月21日から28日には、羽田空港整備場地区の公道、約2.3kmにおいてレベル3および4相当の自動運転の実験を実施した。レベル3は運転責任をシステムが負い要請がある時だけドライバーが対応する準自動運転、レベル4は全運転責任をシステムが負う完全自動運転のこと。

画像提供:SBドライブ
 

参考記事
未来型自動運転 日産・DeNAが実証実験(2018/02/26)
自動運転用語を統一 一般への認知度向上目指す(2018/02/18)
国交省、自動運転車両予約システムの実証実験(2018/02/09)

関連記事一覧