地域毎にSNS利用率に差 Twitterを最も使うのは京都府 

地域毎にSNS利用率に差 Twitterを最も使うのは京都府

ネットアンケートなどを行うモニタス(東京都港区)は8日、主要ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の「フェイスブック・インスタグラム・ツイッターの使用率」に関するインターネット調査の結果を発表。SNSの利用傾向に47都道府県の地域ごとの違いがあることが分かった。全国利用率はフェイスブックが33.6%、インスタグラムが27.0%、ツイッターが33.4%だった。また、最も利用率が高かった県は、フェイスブックが福島県で47.5%、インスタグラムが富山県で41.0%、ツイッターが京都府で57.4%だった。

調査対象は全国の20~49歳の男女2830人で、全国都道府県均等割付のため1都道府県あたり約60人。調査期間は4月13日~18日。

それぞれを詳しく見ると、フェイスブックでは、最も高かったのが福島県の47.5%、2位が鳥取県の46.5%だった。3位以下は佐賀県45.5%、宮崎県42.6%、京都府42.6%、愛知県41.3%という結果となり、東北地方や九州でのフェイスブック利用率が高いことが分かった。一方、最も利用率の低い県は群馬県の19.0%で、1位の福島県と比較すると2.5倍の差があった。

インスタグラムの利用率では、最も高い県は富山県の41.0%。次いで2位が愛知県の39.7%、その後は福島県39.0%、高知県38.8%、滋賀県38.7%、福岡県35.4%と続いた。最も利用率の低い県は石川県で18.0%。1位の富山県とは約2倍もの差があった。

ツイッターの利用率では、最も高い県は京都府の57.4%。次いで北海道が44.2%、東京都42.4%、高知県42.9%、群馬県 41.4%、岩手県 41.0%となった。最も利用率の低い県は石川県の13.1%で、1位の京都府とは約4.5倍の差となった。

また、インスタグラムとツイッターは年代別利用率も調査したところ、インスタグラムは20代が48.6%、30代が31.7%、40代が19.3%だった。ツイッターでは20代が59.5%、30代が35.3%、40代が26.2%となり、SNSにおいて20代の利用率の高さが顕著となった。

今回の結果について、同社はSNS使用全般において「高知県や愛知県が利用率上位に入る傾向、石川県は比較的利用率が低い傾向にある」とし、結果には「県民性などが関わっているかもしれない」とコメントした。

(写真はイメージ)

関連記事一覧