• HOME
  • 社会・経済
  • トヨタがデータソリューション企業と提携 自動運転技術開発を加速化
トヨタがデータソリューション企業と提携 自動運転技術開発を加速化

トヨタがデータソリューション企業と提携 自動運転技術開発を加速化

トヨタ自動車は15日、データソリューション事業を行っているアルベルト(東京都新宿区)に4億円出資し、業務提供すると発表した。

アルベルトはビッグデータ分析のソリューションの提供を2005年から続けており、近年では自動運転技術開発における画像解析分野でも積極的な展開を進めている。

トヨタは2016年1月に先端研究のトヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)を米国に設立し、さらに2018年3月に先行開発のトヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドヴァンスド・デベロップメント(TRI-AD)を東京に設立。自動運転技術開発を進めている。今回のアルベルトとの提携で、データ分析プロセスなどを強化し、自動運転技術開発の加速を目指すとしている。

(写真はトヨタ自動車本社)
 

参考記事
トヨタ、米国で自動運転開発用施設を建設開始(2018/05/07)
トヨタ、AIベンチャーPFNへ出資 自動運転技術強化へ(2017/08/08)

関連記事一覧