• HOME
  • 社会・経済
  • 人気博物館・美術館ランキング、広島平和記念資料館がアジア3位

人気博物館・美術館ランキング、広島平和記念資料館がアジア3位

旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」(東京都渋谷区)は15日、「トラベラーズチョイス 世界の人気観光スポット2015 ~博物館・美術館編~」を発表した。日本国内のランキングでは「広島平和記念資料館」が2年連続で1位となり、アジアランキングでは3位となった。

同資料館に海外から寄せられたコメントには「胸が張り裂けるような思いになった。広島、長崎の原爆については勉強してきたつもりだったが、実際に訪れたら余計に苦しくなった。(日本語訳)」などがあった。

日本の2位から5位は順に「箱根彫刻の森美術館」(神奈川県箱根町)、「MIHO MUSEUM」(滋賀県甲賀市)、「鉄道博物館」(さいたま市大宮区)、「トヨタ産業技術記念館」(名古屋市西区)となった。

アジアのランキングは、中国・西安の「秦始皇兵馬俑博物館」が2年連続で1位となった。2位はベトナムの「戦争証跡博物館」、3位が「広島平和記念資料館」となった。世界ランキングでは、米国の「メトロポリタン美術館」が、昨年の7位から順位を上げて1位となった。

同ランキングは、2014年1月から12月までの1年間にトリップアドバイザー上の博物館・美術館に投稿された世界中の旅行者の口コミ評価の平均、投稿数をもとに集計し、選出したもの。

(写真はイメージ)

関連記事一覧