• HOME
  • 社会・経済
  • トヨタとソフトバンクが共同出資会社設立 新モビリティサービスの構築へ
法律家の目でニュースを読み解く! 「働き方改革法案」に見る、雇用者主体の日本の労働市場(1)

トヨタとソフトバンクが共同出資会社設立 新モビリティサービスの構築へ

トヨタ自動車とソフトバンクは4日、自動運転など新しいモビリティサービスの構築に向けて、新会社「MONET Technologies(モネ テクノロジーズ)」を設立し、2018年度内をめどに共同事業を開始すると発表した。

トヨタは2020年代半ばまでに同社のモビリティサービス専用次世代電気自動車(EV)「e-Palette(イーパレット)」による自動運転車とモビリティサービスを融合させた新しい「Autono-MaaS」事業展開を目指している。具体的には、移動中に料理を作って宅配するサービスや、移動中に診察を行う病院送迎サービス、移動型オフィスなどのモビリティサービスを需要に応じてジャスト・イン・タイムで提供するというもの。

また、前日の3日には、ホンダが米ゼネラル・モーターズ(GM)と自動運転技術分野で協業を行うことに合意したと発表した。ホンダはGM子会社のGMクルーズへ7億5千万ドル(約850億円)を出資し、さらに今後12年に渡る事業資金約20億ドルを支出する予定。GMクルーズにはソフトバンクが2018年5月から出資している。

自動運転技術開発のため、自動車メーカーによる国と分野を超えた協業は急速に進んでいる。

Embed from Getty Images
(冒頭の写真はイメージ)

関連記事一覧