都道府県別パソコン保有率ランキング 1位は東京都

引越し比較・予約サイトを運営する引越し侍(名古屋市西区)は24日、都道府県別パソコン保有率ランキングを発表した。1位は東京都、2位は神奈川県、3位は埼玉県だった。引越しの荷物にパソコンがある割合を集計した。

上位10位は1位から順に東京都(44.9%)、神奈川県(44.4%)、埼玉県(42.6%)、大阪府(42.6%)、千葉県(42.6%)、北海道(40.0%)、京都府(39.0%)、兵庫県(38.7%)、愛知県(38.3%)、福岡県(37.5%)と、首都圏・大都市圏が占めた。

全体の保有率は41.0%となり、家族世帯は47.9%、単身は35.6%だった。引越し荷物にパソコンがある割合で見ているため、純粋な世帯別保有率はもっと高いと同社は見ている。

また、インターネットの普及に伴い、パソコンは生活必需品となったが、近年のスマートフォンの普及により、今後はパソコン保有率が下がることも考えられるとしている。

同調査は、2014年1月から2015年4月までに、同社を利用し、実際に引越しをした人の中から無作為に約16万サンプルを抽出して集計したものである。

(写真はイメージ)

関連記事一覧