2019年GW10連休はどこに行く? 国内人気1位は不動の沖縄

大手旅行会社エイチ・アイ・エス(H.I.S.)が12日、今年4月27日~5月6日のゴールデンウィーク(以下GW)の予約状況から、国内旅行予約ランキングを発表した。1位が沖縄、2位が北海道、3位は九州、4位は東京、5位が沖縄離島となった。

今年のGWは10連休となることから、同社によると例年に比べて旅行予約の早期化が進んでおり、前年同日比3倍強で推移しているという。

人気渡航先は沖縄本島が昨年に続いて1位に。沖縄本島は例年3~4月には「海開き」となり、シュノーケリングやダイビング、SUPなどのマリンスポーツを目的の旅行者が増えるという。GW明けの梅雨入りまでの「うりずん(潤い初め)」の時期は過ごしやすい気候なのも人気の理由。また、3月30日からはLCCのジェットスター・ジャパンによる東京(成田)から宮古島(下地島)への直行便が就航するため、さらに予約数は増えそうな見込みだ。

2位にランクインしたのは、GWに桜の開花が見頃を迎える北海道。通常は1泊2日ツアーが多いが、今回は10連休ということで、道東地域(網走・釧路・十勝)と道央地域(札幌・小樽・旭川)を周遊するといった3~4泊以上の滞在が増えた。3位の九州は、昨年の大河ドラマ「西郷どん」や2018年6月に世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」等の影響から人気が高まった。

最も人気の出発日は4月29日。海外旅行の出発日のピークが4月27日となっているのに比べ2日遅いが、例年に比べてやや長めの現地滞在日数となっているのは国内外共通の傾向だという。

*調査対象出発日は2019年4月27日~5月6日、対象予約時期は2019年2月4日時点。

(写真はイメージ)

関連記事一覧